内科,循環器内科,糖尿病内科,消化器内科,整形外科
〒731-5128 広島県広島市佐伯区五日市中央7-8-5
TEL 082-923-7333

 

 

トップページ»  循環器疾患»  不整脈とは»  不整脈の検査と診断»  心房細動とは»  心房細動はなぜ生じるの»  心房細動の治療について・・・心房細動自体の治療

心房細動の治療について

 

心房細動の治療について・・・心房細動自体の治療法

 心房細動の治療は年齢、症状、発作の頻度、基礎心疾患の有無などによって決定します。基礎心疾患がある場合にはまずそちらの治療を行います。心房細動の治療には「心房細動自体の治療」と「血栓症の予防」の2つがあります。

 

 心房細動自体の治療

 1)洞調律維持療法(正常な脈に戻す治療法)

 心房細動自体をもとの正常な脈に戻す治療法で、3種類の方法があります。

  ・抗不整脈薬療法・・・多くの薬がありますが、その中で患者さんにもっとも適した薬を使用します。

  ・電気的除細動・・・麻酔をかけて心臓に電気ショックを与えて脈を正常に戻します。

  ・カテーテルアブレーション・・・カテーテルを使用して心房細動を起こしている心筋を焼灼します

 

 2)心拍数コントロール療法

 心房細動で脈が速いと心機能が低下して心不全を引き起こします。この治療法は薬によって脈を遅くして心房細動のコントロールを行います。ただし心房細動のままで経過観察しますので後述の血栓症予防が必要です。

 

 3)ペースメーカー治療

 心房細動の経過中に極端に脈がゆっくりになってしまうことがあります。これは薬では治療できないためペースメーカーという器械を体に植え込んで脈の調整を行います。